長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
みんな違って みんないい(園児理解を深めたいと願う先生方の姿に学ぶ)
 8月下旬の訪問は、避暑地として全国各地から訪れる人々で真夏のにぎわいを見せている町の、繁華街の一角にあるK幼稚園でした。人混みを逃れるように、幼稚園の敷地に足を踏み入れると、表のにぎやかさとは裏腹に、静寂と緑の木々に囲まれた木立の中に幼稚園は建っていました。
 この日は、先生方との懇談会のため、私が訪問した時間帯は、お帰りの準備をしている時間帯でした。帰りの会が終わると同時に、さっきまで椅子に上手に座って先生のお話を聞いていた子どもたちは、お迎えが見えるまで、思い思いに自分の遊びを展開し始めました。ある子は、庭を自由に駆け回り、またある子はとても楽しそうに体を動かしながら歌を歌っています。その豊かな歌声、リズム感に思わず聴き入っていると、わたしに「誰ですか?」と話しかけてくる子もいます。それぞれがそれぞれに自分の時間を自分の思いで楽しんでいるようです。幼稚園でリズミカルで弾力的な一日の生活リズムをとおしながら、基本的生活習慣を身に付けつつ、様々な体験活動・周囲との関わりの中で、自分の世界を広げている園児のみなさんです。園児のみなさんにとって幼稚園での生活は、本を読むことも、先生のお話を聞くことも、運動することも、お家の皆さんのお迎えを待っている時間も、全て興味関心のある楽しい遊びの時間そのものなのでしょう。
 この様な園児の皆さんを前にして、園長先生はじめ先生方は、何とか、一人一人の特性に気づき、園児の育つ環境にも目を向け、生かし、自信を持たせ、個々の成長につなげたいと、切実な思いで考えておられます。先生方の願い、思いは、掲示物や先生方の姿勢からも伺われます。
 懇談会では、そのような先生方の熱意・、一人一人の園児に寄せる思いが、具体的に語られました。園児個々の将来を見据えながら、個を伸ばす指導・支援について、楽しそうに意見を述べ合う先生方の姿に、個の有り様から出発し、一人一人に目を向け、自分の良さを自覚できる子どもに育てたいと願う姿が見えました。園長先生は、「形としての押しつけ・一斉指導から脱却し、一人一人が自分の特性を伸ばし、自信を持って歩んでいける人間として成長して欲しい、そのために幼稚園から個の特性に応じた支援指導の充実、特性を伸ばす教育の充実を図りたい」と語っておられました。一人一人を生かしたいと願う先生方の思いが、園の特色としても生かされていることを感じました。

<7月に訪問させていただいた幼稚園>       <8月の訪問させていただいた幼稚園>
7月17日 長野北幼稚園                  8月28日   軽井沢幼稚園
   18日 長野南幼稚園          
7月25日 佐久南幼稚園                   〜ありがとうございました〜  




| houmonnagano | 専門員 | 11:20 | - | - | - |
25年度 訪問が始まりました よろしくお願いします
  25年度4月より幼児教育専門員を引き継がせて頂いております。各園設置者様、園長様はじめ諸先生方におかれましては、幼稚園訪問、研修会等で大変お世話になっております。もとより微力ではございますが、皆様のお仲間に加えさせて頂き、未来に羽ばたく子どもたちの夢を育み、幼児教育のさらなる充実発展のために、ともに邁進して参りたく存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 5月半ばより25年度の幼稚園訪問がスタート致しました。また6月には園長主任研修会、免許更新講習会を実施し、県内各地の幼児教育に携わる先生方との出会いがございました。4月からまだ2ヵ月半ほどの月日ではございますが、多くの「人・こと・もの」に出会い、発見と感動の毎日を過ごさせていただいております。訪問させていただく度に、園児の皆さんのパワーを感じ、先生方のバイタリティーあふれる姿に刺激をいただいております。それぞれの幼稚園の特性が園の活動に生かされ、園長先生を中核に地域に開かれた園づくりを目指し、一丸となって取り組んでいらっしゃる姿にも触れさせていただいております。
 訪問から学ばせていただいたことを、これから随時紹介していきたいと思っております。お声をかけていただければ県内どこでもうかがいますので、よろしくお願い致します。

           <5・6月の訪問幼稚園の紹介  ありがとうございます>

   <5月の訪問幼稚園>                     <6月の幼稚園訪問>
 
 5月14日(火)昭和幼稚園訪問           6月 5日(水)しらかば幼稚園訪問
 5月15日(水)上田南幼稚園訪問          6月 7日(金)さゆり幼稚園訪問
 5月20日(月)安茂里幼稚園訪問          6月 8日(土)あさま幼稚園参観日講演 
 5月23日(木)佐久幼稚園訪問            6月17日(月)白馬幼稚園訪問 
 5月27日(月)上田北幼稚園訪問          6月22日(土)中野マリア幼稚園参観日講演

 <園長主任研修会・免許更新講習会  6月15日 長野市安茂里公民館にて開催されました>

  【園長主任研修会】
  受講者;153名  
    講師;全日本私立幼稚園幼児教育研究機構副理事長  安家周一先生
     演題;「子どもを主体的に『ひとや物』に関わらせる保育のあり方」
  【免許更新講習会】
  受講者;91名
   講師;上田女子短期大学准教授  小川 史 先生
   演題;「今日のメディア環境と子ども時代」

 園長主任研修会では、大阪より安家周一副理事長先生(あけぼの幼稚園長)に、ご多用の中をおいでいただくことができました。参加者はご講義に引き込まれ、時には笑ったり、うなずいたり、質問に答えたりしながらj、熱心に聴講しておりました。講師の先生と聴講者との距離が身近に感じられ、
予定の時間もあっという間に過ぎてしまうほどでした。
 免許更新講習会では、午前中の安家先生のご講義に続いて、午後は上田女子短期大学准教授の小川 史 先生にご講義をいただきました。子どもたちを取り巻くメディア環境について、ただ否定するのではなく、メディアとの上手なつき合い方の視点からとらえなおしていく方向を示唆していただきました。受講者は真剣にメモをとり、受講終了後は免許更新のための試験に臨みました。
 
 どちらの研修会も「研修委員会」「免許更新プロジェクト委員会」の先生方が中心となり、事前準備、計画、当日の運営に至るまで綿密に計画を立てて進めてくださいました。おかげさまで受講者多数の研修会にもかかわらず、充実した研修会が実施できました。ありがとうございました。






| houmonnagano | 専門員 | 16:14 | - | - | - |
ありがとうございました  さようなら
 

平成22年度 23年度  24年度 訪問ブログ

       お読み頂きありがとうございました。

 

  遊びをせんとや生まれけん・・・・、古来から子どもたちの歓声は、大人をほほえませ元気にしてくれる「生きる希望」でした。


 この3年間長野県下の幼稚園におじゃまして、つぶらな瞳の子どもたちが、朝から水や砂に親しみ、思い思いの遊びを見つけて今この瞬間を全身で楽しんでいる様子を拝見させて頂きました。

 それは、朝早くから遊びや活動の準備をして待って下さっている園長先生始め先生方のおかげということも分かりました。

 保護者会にお招き頂き、熱心にお話をお聞き頂く姿から、幼稚園はご家庭の皆様とつながって子どもたちを育てていることも感じることができました。

 

 そんな、幼稚園の様子をもっとご紹介したかったのですが、3年間の任期が終わり退職させて頂くことになりました。お世話様になりました。ありがとうございました。

 

  幼稚園の先生方、子育て中のお父様方お母様方、今この一瞬は二度有りません。

 子ども達の命をどうぞお大切に! 今をお大切に!

  皆様いつまでもご健康で、
     子どもたちの成長を見守って下さいませ。

                          
       長野県私立幼稚園 幼児教育専門員

| houmonnagano | 専門員 | 13:00 | - | - | - |
幼稚園でもおうちでも絵本が友だち

 平成24年秋 信濃キリスト教学園入舟幼稚園

 入舟幼稚園は、飯田市全体をそして遙か南アルプスの山々を望む高台にありました。新しい園舎で、高窓を飾るステンドグラスの図柄にもこだわりがあるそうです。前面に、広い園庭と野菜畑が広がっていました。1階には幼稚園3学年の保育室があり、外での活動や遊びにすぐ出られるようになっています。裸足で走り回っているお子さんもいました。2階には、0歳児から2歳児までの保育室があり、安全や安心の配慮がされて先生方と子ども達がゆったりと過ごしていました。
 吹き抜けになっている遊戯室では、集会や各種の行事が行われるそうです。玄関・昇降口や廊下に子どもたちの作品が飾られていました。図書室の本棚にはたくさんの絵本があり、紙芝居も含めて使いやすくセットされていました。
 7月には、保護者会が遊戯室で行われ、「子どもを幸せにする幼稚園期を大切に」の題で「早寝早起きの習慣の大切さや、生活習慣を付けるには、幼稚園時代がよい時期であること」を話す機会を頂きました。

 9月には、数年前から取り組んでいる 「一冊の絵本を幼稚園・家庭で読み深め、そのテーマを題材に子どもたちの活動をつなげ豊かに成長させたい」というねらいの研究保育にもお招き頂き参観しました。今年は、童話「青い鳥」を深めているそうです。年中組の子どもたちが喜ぶ色々な活動を仕組み、題材や材料を研究して、絵本の主題につなげ深めようと設定されていました。その日は、子どもたちは「キラキラダイヤ」製作に興味を持って、がんばっていました。
 研究会では、保育担当者と話し合う時間を頂きましたので、上記の活動のよい面と改善してほしいことをお話し致しました。年中組は、4月からの担任された先生でした。子どもの見取りや活動の推進が、子ども達の気持ちを落ち着かせ成長させている様子が見られました。
 園長先生を初めとして、全園の先生方が協力し、公開研究保育や「劇遊び発表会」にむけてさらに研究を深めていかれるそうです。

| houmonnagano | 南信地区訪問記録 | 16:50 | - | - | - |
みんなの笑顔が見えます

 平成24年 10月5日(金) 西方寺パドマ幼稚園

  訪問日は、未就園児受入日で、大勢の親子さんが来園していらっしゃいました。在園児は早めにお部屋に入って思い思いに遊んでいました。園舎全体が扇のように園庭に向かっていて、広い廊下でつながっていました。水道・手洗いの様子や保育室の様子なども、廊下の真ん中に立つと見渡すことができるのです。歌ったり、話したり、みんな仲良く楽しそうです。
 年長児は水彩絵具を使うようです。机を廊下に出してテキパキ準備しています。運動会の思い出を紙いっぱいに描いていました。年中組は、ハロウィンカボチャ作り、黒い画用紙にお化けを描いたりしていました。年少組では、画用紙に顔の輪郭と髪の毛を描き、色紙で目・鼻を貼り付けて、自分の顔を描く活動でした。どのクラスも先生の話をよく聞いて楽しそうでした。

 未就園児の受け入れは、参加者が固定化してきているそうで、親子ともに名札をつけ、名前を呼び合いながら秋の果物を作っていました。
 園長先生と主任先生から、「歴史が古く家族も卒園されたりしています。保護者のつながり良く、和気あいあいの幼稚園です。年長児は、入園式の翌日から縁側で年少児の靴を履かせたり、手を引いたりして面倒を見る姿があります。運動会を節目にしてみると、子どもの成長を感じることができます」と伺いました。

 11月には、保護者会で話す機会を頂きました。訪問の時のお話も踏まえて、幼稚園期の子どもたちの成長のこと、早寝早起き朝ご飯の生活習慣の大切さ、子どもたちの五感を磨く遊びや体験の重要さなどの内容でした。この時期の成長は、小学校への学びにもつながり、保護者の努力が報われます。人間の基礎を育てる大切な時期であるので、「子どもたちの良い面」を伸ばしていただきたいとお願いしました。
 

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 14:30 | - | - | - |

一番上へ