長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 「先生!ぼくの幼稚園にも行こうよ」        マリア学園聖クララ幼稚園 | main | しっかり聞いてたのしい劇に!    黒木学園 信濃ひまわり幼稚園 >>
「ぞうさんのお話聞いて」            マリア学園  聖ヨゼフ幼稚園

12月20日(月) マリア学園  聖ヨゼフ幼稚園訪問
                                          辰野町大字伊那富 2792-1

  町の中心地に御聖堂・司祭館に併設し、平屋立ての園舎が立てられていました。庭にマリア像があり、全園児が毎朝手を合わせてお祈りをしてからお部屋に入るそうです。(悪天候時は玄関で)
 幼稚園のすぐ近くに辰野西小学校があり、いろいろな種類の遊具かそろっているので遊びに行くこともあるそうです。

 創立当時より給食があり、調理室が完備しています。「最近食物アレルギーをもつお子さんが多くなったので対応をしている。」と、案内して頂いた主任先生から伺いました。

 園内は、遊戯室を中心にして四方に部屋が配置されおり、クラスは異年齢編成です。

 訪問させて頂いた日は、金曜日にクリスマス発表会の大きな行事が終わり、園内全体がほっとしているところとのことでした。御聖堂はひっそりとした雰囲気の特別な場所でしたが、各お部屋は、クリスマスの飾り付けがされて楽しい雰囲気でした。
                   
 
どのお部屋でも、子ども達と先生が、室内の遊具・いろいろな紙や道具を使って、「ごっこ遊び」をしていました。あちらの部屋・こちらの部屋と行ったり来たりして、戦いごっこでしょうか走り回っているお子さんもいます。来客に興味があって、「こんにちは」と元気に声を掛けてくるお子も多いです。

 一つのお部屋では、3人の女の子が、赤ペンで指に線を描いて「ぞうさん」になって、即興の「創作指劇ごっこ」を楽しんでいました。筋立てや、セリフも考えられていてなかなかの内容です。発表会のように礼と挨拶をきちんとして、友達や先生から拍手をもらってうれしそうです。

           

 子ども達の卒園後は、箕輪・辰野両町の小学校に入学することになり、数が多いので、連携はなかなか難しいと話して下さいました。体調がご心配との事でしたが、園長先生もみえて、マリア学園創立時からの幼児教育への深い思いをお話しして下さいました。

| houmonnagano | 南信地区訪問記録 | 12:02 | - | - | - |

一番上へ