長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 「ぞうさんのお話聞いて」            マリア学園  聖ヨゼフ幼稚園 | main | 「ぼくは、ちがうとおもいます」       松本光明学園 松本光明幼稚園 >>
しっかり聞いてたのしい劇に!    黒木学園 信濃ひまわり幼稚園
12月13日(月)信濃ひまわり幼稚園訪問
                                         長野市大豆島中之島2869

 幼稚園のある場所は、市街化調整区域が少しずつはずれて新しい住宅がふえています。園には、園児用の野菜畑もあり、駐車場や園庭が広くとってありました。保護者のニーズに合わせて、子育て支援の体制も充実させておられるそうです。

 園内を見学すると、ちょうど、3つの縦割り班で音楽劇発表会の練習をしていました。異
年齢の子ども達が、動きやすいように役割を考えて構成してありました。難しいセリフは年長が分担し、可愛い歌やリズム表現は、年下の子ども達が担当するというよう先生方が考えて創作されたのです。担当の先生方が子ども達に指示を出します。どの子も、真剣に聞いています。

       
 大道具を出したり、立ち位置を教えたり回りの先生方は連携してぐんぐん動いておられました。子ども達にとっては、1回1回の練習が、楽しい表現遊びのようです。       
                

 部屋で自由遊びをしているクラスもありました。いろいろなごっこ遊びができるように素材が豊富に用意されていました。異年齢の子ども達が、先生も混ざったりして、思い思いの遊びに浸っていました。ままごと遊びは、男の子が好む傾向にあるとお聞きし驚きました。 
                          
            
 縦割りと学年毎の集団は年度当初に組むので、この時期には「次は、○○の時間ですよ。」と指示すると、自分で自然に動いて、各部屋に行くことが出来るようになっているそうです。1年生でも難しいことが、小さい子ども達にもしっかりできることに驚きました。

 幼稚園での幼児教育について、行政側や小学校側に、園長先生がいろいろな機会を利用して働きかけていらっしゃるそうです。幼児教育を熱心に進めておられる園長先生にとっては、なかなか理解が進まずもどかしい思いを感ずることが多いとのことでした。小学校でも諸課題に直面しており、「このように生き生きと遊びながら力を付けている幼稚園の活動の良さは、子ども達の心と身体に浸透して、深い連携になっていくはず。」と見学の感想をお話しさせて頂きました。
| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 16:15 | - | - | - |

一番上へ