長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 「ぼくたちのおしろ」              上田梅花学園 梅花幼稚園 | main | 雪や寒さが友達です!          いいづな学園 こどもの森幼稚園 >>
思わず手を合わす「かんのんさま」          円福学園 円福幼稚園
 1月29日(土)円福幼稚園訪問
                                       長野市篠ノ井横田772
 
  ここは、篠ノ井横田千曲川河川敷に近い自然豊かな幼稚園です。円福寺・愛育園にも隣接し広い野菜畑や駐車場がありました。園庭には、やぎ・うさぎなどたくさんの動物の飼育小屋があります。創立時からのサクラやナラの落葉樹も林のように育っていて、先日の大雪が解けず、雪遊びの名残りがありました。

 今日は、子ども達の「園児作品展」です。各学年・学級毎に担任の創意工夫によって、一人一人の作品の良さが生きるように展示されています。
 各保育室は、子ども達の作品が、夢のワクワクランドのように飾り付けら
                             れ参観者でいっぱいです。
     
 
 保護者は家族総出でみえられ、展示品から我が子の成長に驚き、口々に感謝の言葉を先生方に伝えていました。
 年少組は、年間通した作品があり、初めての創作活動を楽しんだ様子が分かりました。また、線描き作品への添え書きが生きており、ほほえみながら見入ってしまいました。 
                
 
 年中組は、何回も作ってみてから向かったという粘土作品が目を引きます。選んだ動物や海の生物の動きや彩色に一人一人の個性が良く出ていました。花火の絵の共同制作など教材研究の深さが伺えました。

      

 年長組は、伝統の「園児作品展」を目指し、自分の作品を作るという意志が感じられました。素材を生かした造形作品。 

      
 
 自分で選んだ対象に向かう描画、「雲上殿・仏様・動物園・SL」。それぞれが個性的で、「○○の絵」と特徴を話すことができます。すると、担当の先生が一人一人のお子さんの制作過程を生き生きと教えて下さいました。
 子どもらしいとらえに感動し、外部からも展示の依頼があるそうです。
     

 職員研修会では、展覧会を含めた園全体の取り組みや、和気あいあいとした職員体制を園長先生が熱心に語って下さいました。私の方からも、幼稚園指導要領と小学校指導要領の違いにも触れ、幼少の連携で子ども達のこの素晴らしさを大きく伸ばしていきたいと話をさせて頂くことができました。
| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 11:11 | - | - | - |

一番上へ