長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 思わず手を合わす「かんのんさま」          円福学園 円福幼稚園 | main | 澄んだ声が会場全体に響きます         御子柴学園 よしだ幼稚園 >>
雪や寒さが友達です!          いいづな学園 こどもの森幼稚園

 1月14日(金)こどもの森幼稚園訪問
                                          長野市上ヶ屋2741−2554


 長野市内を抜けて、ループ橋に向かいました。雪がだんだん深くなります。幼稚園は、飯綱スキー場南側の林の中に、バンガロー風の建物が大・小3棟建てられていました。メインの建物は2階建て、他は事務室・動物飼育小屋で平屋です。前理事長先生が建てられた、丸太の本格的な手作り園舎です。
                       
 
 周囲の林の斜面には、真っ白な雪が深く積もっていました。今は、1年で一番寒い時期ですが、雪遊び・そり滑り・空飛ぶじゅうたんごっこ・クロスカントリースキーと、外での活動にたっぷり時間をかけ楽しんでいるそうです。その中で、身支度や用具の準備を自分ですることも大切にしているそうです。
 薪ストーブの燃える暖かい室内での午後の集まりで、年中児が来年就園する子ども達を迎える準備会のための名札や案内図を描いたりする保育を見せて頂きました。                    

園長先生から次のような話を伺いました。
・四季を通し高原の自然体験プログラムを主に活動を組み立てている
・内容は保護者に確実に伝え、市内希望者にはバス送迎を行っている
・屋外活動が多いので、地域の名人に協力を依頼することもあり、保護者
 参加の活動も多い。
・木工作など職員の特技を生かし、縦割りクラスの活動で、子ども達が育つ
 場を組み立てる
・自然活動に危険が伴うので、園児・職員の健康・安全に留意している

 廊下の壁面いっぱいに子ども達の年賀状や春夏秋の屋外活動の写真が貼ってありました。それを見ていますと、子ども達が帰り支度をしながら、楽しそうにいろいろ話してくれました。
                                    

 職員研修は、幼小の「学びのつながり」への理解を深めるため、小学校での算数学習の演習をしました。言葉や感覚が大きく育つ幼稚園時代、知的なアプローチの小学校の学習との違いを踏まえて、ご指導頂くことをお願いしました。                      
 
 先生方は、自然を生かしたこの園の特色を生かしこれからも子ども達を育てていきたいと熱心に研修してくださいました。
 帰る頃には、雪が本格的に降り出しました。

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 10:46 | - | - | - |

一番上へ