長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< えんそく たのしかったね!   大屋幼稚園訪問記 | main | お父さんも一緒で楽しいな     あさま幼稚園訪問 >>
からだもこころも生き生きと!   吉田マリア幼稚園訪問記
 

今日は、吉田マリア幼稚園におじゃましました。
「雨が落ちてこないので、朝の体操を園庭でやりましょう」園長先生が明るく声を掛けられました。
 一緒に参加されている、
お母さんもいらっしゃいました。小さいお子さんは、まだ並ぶのは難しい様子です。でも、音楽に合わせて体を動かすのは、どの子も大好きです。みんなで楽しく思い切り運動しました。
   
 集会が終わると、年長さんはうんてい・鉄棒や登り棒に挑戦です。グングン登り、くるくる回っていました。 
 

 
年中さんの朝の活動が、一番先に始まりました。「神様が喜ばれるよいことをして、心のお花をささげましょう」と、お当番さんが灯したローソクの光の中でお祈りをしていました。みんなで、一人ひとりの心のお花の話をていねいに聞き合いました。その後みんなで、花の「いのち」が宿るあさがおのたねを、中庭の苗床に蒔きました


 年少さんは、まず、大切なトイレタイムでした。大忙しのお子さん、まだ行きたくないと頑張る(?)お子さん。先生方は、一人一人にていねいに声がけしながら生活習慣作りを勧めていらっしゃいました。

そのあとは、子ども達の好きなリトミックあそび。初めは勝手に動き回る様子でしたが、強弱緩急のピアノの音、打楽器のリズム、先生のお話・布使いの指示に合わせ、終わりの頃には揃って笑顔で動けるようになりました。遊戯室いっぱいに動き大満足の子どもたちでした。

 

年長児の活動は3色の絵具で、彩色を楽しむことです。思い思いの絵を描いていました。中には、好きな電車やロケットを何枚も描いて止まらないお子さんもいます。混ぜた色の美しさに夢中なお子さんもいました。そして、「これ何。」と話しかけると、「ETC」「上手だね。」「高速で行ったんだ。」「○○へ行ったの」「実家だよ」と描いた絵のお話がどんどん広がっていくのです。


研究会では、先生方から活動を作り上げる過程や一人ひとりのお子さんへ深い思いをうかがい、身体の感覚やことばの力が大きく伸びる時期を大切に保育して下さっていることが分かりました。

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 12:01 | - | - | - |

一番上へ