長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 雪ともお友だち           信学会 白馬幼稚園 | main | 大きな葉っぱのイチゴが迎えてくれました     長野市 ルンビニ幼稚園 >>
青空のもとで                小諸市  信学会しらかば幼稚園

 しらかば幼稚園訪問記           平成23年5月31日

 高原の五月晴れの朝、大勢の子ども達が、のびのびと遊んでいます。        
      
       
 指揮台の前では、女の子がライン引きを使って、ゲームの図柄を描いています。「上手だね。いつもやってるの」と訊くとうなずいていました。
 庭の隅っこのナラの木の下では、長雨でできたキノコを見つけて「とって・とって」と男の子達がにぎやかです。いくつか取ってやると大喜びでグニュグニュやっていました。後で先生にお聞きすると、少し前まで、砂をさわるのもいやがっていた男の子も混ざっていたとのことでした。興味があって、友達と一緒なら、なんにでも挑戦できるのですね。
            
 園庭には、何本もの実のなる木が植えてあり、季節ごとにいろいろな体験ができるとのことです。
 よく手入れされた野菜畑では、夏野菜やジャガイモが大きく育っていました。

 教室に入って、新任の先生の「自己紹介紙芝居」を参観させて頂きました。明るく元気に、子ども達の反応に応えながらお話を進めていきます。一人ひとりの子どもたちを思い浮かべて、たくさんの工夫を用意されていました。果物や動物がたくさん出てくると、子ども達は、興味深そうに見ています。先生と、もっともっと仲良くなれそうなたのしい時間でした。
     
 園内をご案内頂き、全園集会での先生方の「しらかばレンジャー」や廊下に貼られた年中さんの立派な自画像の掲示物をみせていただきました。

| houmonnagano | 東信地区訪問記録 | 16:32 | - | - | - |

一番上へ