長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 青空のもとで                小諸市  信学会しらかば幼稚園 | main | 楽しい読み聞かせをいっぱいしてもらってね! >>
大きな葉っぱのイチゴが迎えてくれました     長野市 ルンビニ幼稚園

         平成23年7月20日     長野市 ルンビニ幼稚園

 訪問させて頂いたのは、夏のさかりの暑い日のことでした。
 ビルが並ぶ大通りのすぐ裏手に、ルンビニ幼稚園はありました。朝活動の音楽が元気に響いておりました。全園児が、「さんぽ」の行進曲に合わせて集合し、恒例の「七夕祭り」の練習です。
          
園庭にある登り棒・大きなジャングルジムなどの遊具は木造です。イチゴや草花の植え込みもありました。

 朝のお集まりは、年長児が当番になって献灯献華を行い、全員で「ののさまの歌」を唄いました。    
 その後は、担当の先生の『今年のいのちを守る』活動についてのていねいなお話があり、子ども達が聞き入っていました。    
     (学年毎に聞く)           (縦割り班に集合整列)
     
  
 くまやぞう等の班名と集合方法を聞いてから、くまの子ども達にくまカードが配られました。子ども達は、それを持って集まっていきます。カードには、グループの友達の名前がひらがなで分かりやすく書いてありました。みんなが、班毎に整列したところで、「1年間ペアのお友達と仲良く、イチゴやおコメやひまわりの命を守って下さい。」とまとめをされました。

 最後に職員室で園長先生から、地域に根付いたお寺の住職さんによって大切にされてきた幼稚園の歴史を伺いました。「お山の学校」での木登りや虫探し等の自然体験と、地域社会に密着した行事(七夕祭り・田植え・焼き芋大会・お餅つきなど)を大切にした保育を今も続けておられるそうです。
 毎年職員研修されている仏教保育の今年の研究テーマ「いかせ いのちの尊さを」でねらった異年齢活動・栽培活動についてもご説明頂きました。毎年見返しながら子ども達が、助け合って楽しくできる活動を願って進められているとのことでした。また、住宅地の園ですが、周囲は協力的(卒業生が多い)で、活動の音楽や送迎の車の出入りにもご理解があるそうです。
 主任の先生からは、伝染病の治癒照明・指導要録記入など正確な書類作成や園運営・幼小連携について、いくつか具体的な質問がありました。

 通路には、瑞々しい緑の葉をたっぶり付けた青竹が10本ほども用意されていました。

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 11:30 | - | - | - |

一番上へ