長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 信学会で、一番初めに出来た幼稚園です。    信学会 安茂里幼稚園 | main | 星の里 佐久平高原の朝       信学会 佐久南幼稚園 >>
木目を生かした季節の飾り付け「青リンゴ」     信学会 さゆり幼稚園

   7月13日(木)        信学会さゆり幼稚園
 
 玄関には、植え込みの緑の葉を揺らすさわやかな風が吹いていました。県産の磨き込まれた木材をふんだんに使った園舎・机やイスも子ども達の体型の合わせてあつらえられた品々です。二階に上がる緩やかなカーブを描いた階段が美しいです。子どもたちは、クラス毎に、運動会の練習のために移動していました。
 年長さんは、最後に移動しても間に合うので、朝の活動をしていました。元気なキノコの歌と踊りを見せて頂きました。終わった後は、協力して机の移動をしていました。
             

  園長先生に園舎をご案内頂いきました。
 広く・大きなガラス窓の向こうの山々や木々が緑に輝いていました。子ども達のおじいさんおばあさんをはじめとして、地域の方がとてもよくして下さるとのことでした。隅々まで清潔な廊下や木目を生かした柱、そして青リンゴの飾り付けも、この幼稚園・地域の良さを子ども達に自然と感じさせるものと思っている。この幼稚園・地域の豊かさを子ども達に意識付けられる幼稚園を目指しているとお話しして下さいました。
  ドングリ教室(子育て支援)では、ベテランの先生がお話をしていました。小さな子ども達が、興味深そうに話に見入っていました。

  園舎をご案内頂いた後は、園長先生から新しい先生方の研修についてお話を伺いました。「新任職員が幼稚園の先生として、充実した指導ができる力を付けたい。主任先生と相談しながら、園全体で指導をしている。一人ひとりが自分の力を生かして、子ども達の指導に取り組んで欲しいが、難しいこともある。様子を見ながら声を掛けて、励ましている。」
 
  園長先生も、私ども専門員も、先生として歩み始めた頃と比べると、社会は変化し、子ども達・ご家庭の様子など違ってきました。当たり前と思うことも立場・立場で変わってきています。希望に燃えて、一歩を踏み出された先生方にとっても、挑戦の毎日でしょう。きめ細かな指導を日々重ねておられる様子をうかがい、先生方も日々力を蓄えておられることとありがたく思いました。

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 16:51 | - | - | - |

一番上へ