長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 木目を生かした季節の飾り付け「青リンゴ」     信学会 さゆり幼稚園 | main | 遊びたっぷり&茶の湯・英語・鼓隊・・・多彩な体験  信学会 長野幼稚園 >>
星の里 佐久平高原の朝       信学会 佐久南幼稚園

 8月4日(木)      信学会 佐久南幼稚園

 幼稚園までの道は、気持ちのよい夏の青空そして緑色の稲の葉が揺れる水田が続きます。遠くの山腹にロケット型の塔がみえるので、間違えることはありません。
 朝の自由活動の時間で、大勢の子ども達が園庭で遊んでいました。プールがセットされ、噴水が出ていました。 まもなく、学級毎の水遊びが始まりました。
 集会の音楽がかかり、子ども達は、走ってグラウンドに集合していきました。トラック入口への斜め整列が素早く見事です。運動が始まり集中して話が聞くことができていました。
                          
 

 園長先生から今年度のグランドデザインを見せて頂きました。義務教育での長いご経験から、「子ども達が幼稚園での体験から培う力がその後の成長につながる基礎となっている」と力説されました。そのために、今年も具体目標をしっかり吟味して据えられたとのことでした。また、各学年の活動も細かく分析してねらいを定め、子ども一人ひとりにどんな力がいたかみておられるとのことでした。
 学校自己評価をすすめているが、一般の方々に幼児教育の実際を理解頂くのはなかなか難しいとも伺いました。

 その後は園舎をまわり、年少の運動遊びの時間を見せて頂きました。「集合は、静かに。体育座りで姿勢良く話を聞く。前にならえの手の上げ方と目の付けどころ」と、3人の先生がチームになって個々の子ども達に細か  
                く声を掛けたり、手を添えたりしておいででした。

 
 夏の日を浴びて、広い畑に野菜が元気に育っていました。ドロンコ池には、小さな水中生物もいて、子ども達がそこに行くのを楽しみにしているそうです。
 グラウンドまわりや玄関まわりに植えられた草花が、高原の日の光を浴びて、黄色・赤・
紫と鮮やかな色彩で咲いていました。

| houmonnagano | - | 10:15 | - | - | - |

一番上へ