長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 星の里 佐久平高原の朝       信学会 佐久南幼稚園 | main | 園長先生に教えてくれた友達がね、いるの。     中野マリア幼稚園 >>
遊びたっぷり&茶の湯・英語・鼓隊・・・多彩な体験  信学会 長野幼稚園

 7月22日(金)      信学会 長野幼稚園

 良いお天気の朝です。広い園庭で伸び伸び過ごす子ども達の様子を見せて頂きました。砂場遊び・虫探し・泥団子作り・リレー練習・遊具と思い思いの遊びに大勢の子ども達が、熱中していました。            
                
 ピンク帽子の女の子が、ゆったりと自分の足に掛けた砂の動きに見入っています。さらさら動く砂はおもしろく、満足気な表情です。そこへ、隣から「○ちゃんもどうぞ」と声が掛かり、黄帽子組のごっこ遊びの仲間に笑顔で入っていきました。
 木陰では、赤帽子君一人・黄帽子君二人がお菓子(?)作りを楽しんでいます。赤帽子君が、濡れ砂と乾き砂の割合が絶妙な美味しそうなお菓子を作ってあげました。黄帽子君は、喜んですぐ先生に見せに行きました。
    
 真剣な表情で探索中の虫取り部隊は、全ての植込みの下が彼らのテリトリーのようです

 楽しそうな子ども達の様子を見せて頂いた後に、園長先生から今年度の取り組みをお伺いしました。東日本大震災への思いから、子ども達に日本人としての良さを伝えたいと「茶の湯」を始められたとのことでした。お茶の先生のお宅で茶室を使わせて頂いて、その雰囲気に浸りながら、子ども達はお茶を頂くそうです。
 それから、今年は「縦割り関係を大切に育てたい」と取組んでおられるそうです。朝の砂場遊びの様子をお話し致しましたら、「A君とBちゃんかな。」園長先生は、お子さんの名前をすぐ挙げて下さいました。

 最後に園舎を回って、年長さんの真剣な鼓隊練習や、進んで給食のお手伝いをする年少さんを見せて頂きました。
                       
 年中さんは、近くのプールでの水遊びにお出かけだそうです。年長組は、園内のプールです。体調が悪く水泳のできないお子さん達が、お絵かきしていました。子ども達の会話は、楽しそうに弾んでいます。気に入った絵を真似したりもっと上手にと工夫したり、お友達を待つ間にも、生き生きとした時間を過ごしていました。

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 11:13 | - | - | - |

一番上へ