長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< みんなで楽しく、うたいおどりります。   長野市 円福幼稚園 | main | おいしいごちそうできるかな      長野市 朝陽学園幼稚園 >>
みんな仲良く遊びます。         松本市 聖テレジア幼稚園
 

平成24年2月3日(金)松本市聖テレジア幼稚園
 
 
今年は、厳しい寒さが続きますので、天気予報が気になりました。次々おそう冬一番の寒気団に、道路凍結が心配になのです。テレジア幼稚園には、幸い前日から心配がなくなり無事訪問できました。

 幼稚園は、松本城のお堀のすぐ近くにありました。すでに、活動が始まっていました。年少組は朝の会です。先生の手真似をして楽しんでいく内に、お部屋中の子ども達が良い返事ができるようになる手遊びです。ところが、前の入口から入ったので、子ども達は、私に興味津々となってしまいました。すると先生が私に振って下さいました。子ども達は、私の挨拶を大きなお目々で見て、うなずきながら聞いてくれました。(上手に聞いてくれてありがとう。)話が終わるとまた手遊びを楽しみます。楽しい手遊びがいくつもできる先生でした。
 次に遊戯室で、運動遊びです。子ども達は、高いところから飛び降ります。跳び箱を跳び越し、最後は、ケンケンパーです。みんな、怖がらないで次々挑戦していきます。失敗しても直ぐ起きて走っていきます。器械体操が好きなんてすごいですね。ニコニコ挑戦して、後片づけもしっかりできました。
 
 年中組は絵本の読み聞かせです。次の頁に話が続く内容でした。子ども達は、頁をめくっていく先生の手の動き、動物が変わることに集中していました。黒板の下にあるブックスタンドにも、楽しいお話がたくさん入っていました。新卒の先生ですが、絵本読み聞かせがお得意なのだそうです。
 手洗いうがいの後は、墨汁を割り箸ペンに付けて描く観察画の参観をしました。先生は、瑞々しいキャベツを二つも用意して話を始めました。「レタスだよ。レタスの葉っぱ・・・」一番上の葉を2〜3枚切り取ると、「キャベツかな。キャベツだ。」と、実物を見て、子ども達は盛り上がります。次に、割り箸ペンと墨汁の扱い方を説明しました。使いやすい用具が準備されていました。割り箸ペンが初めての子ども達は、紙を取りに行ったり道具を取りに行ったりしてやる気満々でした。
 葉脈が見える側の机にいる子ども達は、キャベツの葉の筋を見て丁寧に葉脈を描きました。反対側の子ども達は、葉っぱの縁の波打っている形を丁寧に描き、その奥に見える次の葉っぱの様子を描こうとしていました。子ども達の正確な観察に向かう様子に驚きました

 その後は、園長先生より幼稚園の歴史、園目標・カリキュラム・指導計画そして園舎建設のご苦労を伺いました。昔から行っている給食が季節や栄養を考えて調理され、子ども達が喜んで食べていることや、保護者を巻き込んだ食育のお話も聞きしました。

 
     
 昼の自由遊びの時間には、ほとんどの子ども達が遊戯室で遊んでいました。思い思いのおもちゃを使った遊びで、お部屋の中はにぎやかです。20年も前から使われているという大型積み木が人気でした。自分の体ほどもある大きな積み木を抱えてくる子もいます。次々と積み上げていき、おうち(?)ができあがると学年の枠を越え仲良くみんなで入ります。後かたづけも楽しくできました。
 創立時からの写真・たくさんの絵本がある図書室、隣の教会も含めて敷地全体から伝統が醸し出す雰囲気がステキです。年長児は、持参の布雑巾を上手に絞って水拭きしていました。自分たちの使う場所を大切に使う心を育くむ仕事は代々年長さんが分担しているそうです。
      
          
 研究会でも、先生方と教材のことや子ども達の成長についてたくさんのお話をすることができました。

| houmonnagano | 中信地区訪問記録 | 15:20 | - | - | - |

一番上へ