長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< おいしいごちそうできるかな      長野市 朝陽学園幼稚園 | main | 思い思いの遊びに夢中です          篠ノ井学園 南長野幼稚園 >>
かわいいおひなさま      小諸市 暁の星幼稚園

 平成24年3月1日(木)  
       小諸市  マリア学園暁の星幼稚園
 

 今日は、暁の星幼稚園のおひなまつり音楽発表会におじゃましました。
 オープニングステージでは、子ども達がおひな様のように並んで、大きなお口を開けていっしょうけんめい歌ってくれました。子ども達一人ひとりの表情がよくみえます。「一年の終わりの発表会。今日の我が子はどんなかな」というお家の皆様の気持ちを汲んだ、暁の星幼稚園の心配りの素晴らしさを感じました。
  
 
 園長先生のていねいなご挨拶があって、学年発表が始まりました。どの学年の子ども達も大きな口を開けているので、会場全体に歌の言葉がはっきり聞こえます。赤ちゃん組の歌の発表もあり、年中・年長の合奏発表もありました。四年間の子ども達の成長が、よく分かりました。先生方のナレーションも工夫されていて、子ども達と取り組んだ発表への熱い思いが伝わってきました。後で、お部屋にうかがい歌や合奏への感想をお話しする機会を頂きましたので、「小学校で『春の歌』を歌ったのを思い出しました。『もうじき温かい春がくるので、ずっと楽しくうたってくださいね。』」と、話しました。先生の子ども達への説明や子ども達の聞く態度も落ち着いていて、熱心な取り組みの基礎の力を感じました。
        

 発表会と、PTA総会のお忙しい合間に、保護者の皆様に幼児教育の大切さをお話する機会を頂きました。幼児期の生活習慣形成のこと・一日一日が感性やこれからの生きる力の基礎を研く時期であることを、「テレビと上手におつきあい」という内容にまとめました。貴重な機会でしたので、夢中でお話をさせて頂きました。時間が気になり、早口になってしまい心配でしたが、保護者の皆様には、熱心にご聴講頂きありがたかったです。
 
 先生方にお話をする研究会では、今日の音楽会や子ども達への指導全般について、今年の指導を振り返りと来年度の指導のさらなる充実をお願いできました。園長先生からは、「学校自己評価の取り組み」や小諸市で進めて頂いている幼小連携の具体を伺うことができました。

 敷地に万葉の歌碑を持つ教会堂、長い間幼児教育に取り組んでいただいている幼稚園、それを支えて来られた保護者会や地域全体の歴史と伝統の深さを感じる一日となりました。

| houmonnagano | 東信地区訪問記録 | 10:20 | - | - | - |

一番上へ