長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 歌声響く幼稚園 | main | 寒さに負けず遊びます >>
トンボがお空に飛んでくる
 

平成23年 9月14日(水)信学会小諸野岸幼稚園

   残暑厳しい季節でしたが、小諸野岸幼稚園は、色とりどりのコスモスが、澄み渡った青空に映えて、秋の気配でした。
 砂場では、水と砂にまみれて子どもたちが、泥んこ遊びをしていました。大きな水溜りに興じる子どもたちは、本当に楽しそう。固定遊具に何回も挑戦したり、縄跳びで遊んだり、栗のイガを投げたりしているお子さん達もいました。  
  田んぼでトンボを追っかけていた一群れの子ども達が、ちょうど、カマキリがトンボの腹をかじるのを目撃して騒いでいます。生の自然と共に生活している幼稚園です。
  
 その後、新卒先生の教室に伺いました。
始めに、季節の花コスモスを子どもたちの名札と共に黒板に貼りながら朝の生活指導です。小さな声で、大きな声で「ハイ」と一人ひとり個性を表しながら返事をしていきました。たくさんのコスモスが、黒板全体に美しく飾られた頃には、声が大きくなりすぎてしまうほど皆しっかり返事ができるようになりました。      
 全職員参観保育の題材は、メガネ作りです。先生の呼びかけで「トンボのメガネ」を歌ったり、メガネを掛けて窓の近くに行って空を見たりして、元気な男の子たちもメガネの製作に引き込まれていきます。「トンボのメガネ」にサインペンで自分の好きな色や形を描いてできあがりました。
 先生は、コスモスの花もメガネも全員分用意され、保育の進行にしたがって、子ども達の興味を引き出すよう話しかけながら、紙の袋から取り出しました。大勢の先生方が見ておられる中で、こんな小さな子ども達が、長い時間先生の話を聞き、全員が自分のメガネを完成させることができました。先生の半年間の努力のたまものです。

  「今度は、メガネを掛けてトンボになって遊ぼうね。」と話をして活動を終えました。子ども達は、自分のお道具箱に大切そうにメガネをしまいました。

  最後に園長先生から、がんばりやの先生に期待しているとお話を伺うことができました。貴重な保育公開にお呼び頂きありがとうございました。

 そして1年後も、おじゃましたのは秋でした。気持ちのいい青空に秋を感じ、「新聞紙を使った」保育研究の深まりを見せて頂きました。
 

| houmonnagano | 東信地区訪問記録 | 10:55 | - | - | - |

一番上へ