長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< トンボがお空に飛んでくる | main | みんなの笑顔が見えます >>
寒さに負けず遊びます

 平成23年12月20日(火)信学会裾花幼稚園

 早朝の登園時間帯にうかがいました。
 年少クラス棟の前では、母親と別れるのがつらい様子のお子さんが、担任先生と母親が言葉を交わす傍らをなかなか離れません。先に入った子は、朝の準備を済ませて、遊び道具を出して友達とごっこ遊びです。遊びは、つぎつぎに生き生きと動いていきます。
 年長クラスの男子が、ブロック積み木と車輪を使った「手押し車」で楽しんでます。群れになって園内の廊下をガラガラと押回ってダイナミックです。興味を持った仲間が、増えていく様子です。先生方も車つくりに挑戦してみましたが、簡単にはできなかったそうです。ブロック剣での戦いごっこの子ども達もいました。 
  
少したつと、子ども達がみんな園庭に出てきました。冷たい雪が舞ってきましたが、子ども達は、鬼ごっこ・サッカー・飛び降りっこ・砂山つくりと思い思いに遊びこんでいきます。最後は全員集合して、指揮台の先生の元気な動きにあわせてハットリくん体操をしました。雪がだんだん本降りになってきましたが、ニコニコ笑顔で園庭中を走ってから保育室に帰っていきました。

          

 どんぐり教室のクリスマス楽しみ会も見せていただきました。未就園児(2歳児)もお面をかぶって「大きなぶ」の劇をやりました。PTAのコーラス隊の出し物は本格的です。

 「手押し車の遊びは、押して歩くことで足腰も鍛えているので見守っています。遊びがつながって学びになっていくことを願ってます。、今年の目当ては、『いっぱい遊んで、元気に挑戦』にしました。大きな怪我・小さな擦り傷を見極めて、保護者への理解を深めることや、たくましい身体作りや協同しての遊びができる子ども達を育てる幼稚園作りを先生方にお願いしています。中学生とは、幼稚園の子ども達と楽しく話したり遊んだりして、よい交流になっています。」と、園長先生に伺いました。

 そして今年も雪の降る中の訪問でした。子どもたちの遊びは庭一杯にもっと大きく広がっていました。どろんこになったオモチャを片づけるときには、タライの水にお湯を入れて下さる先生方の姿がありました。

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 11:28 | - | - | - |

一番上へ