長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< 寒さに負けず遊びます | main | 幼稚園でもおうちでも絵本が友だち >>
みんなの笑顔が見えます

 平成24年 10月5日(金) 西方寺パドマ幼稚園

  訪問日は、未就園児受入日で、大勢の親子さんが来園していらっしゃいました。在園児は早めにお部屋に入って思い思いに遊んでいました。園舎全体が扇のように園庭に向かっていて、広い廊下でつながっていました。水道・手洗いの様子や保育室の様子なども、廊下の真ん中に立つと見渡すことができるのです。歌ったり、話したり、みんな仲良く楽しそうです。
 年長児は水彩絵具を使うようです。机を廊下に出してテキパキ準備しています。運動会の思い出を紙いっぱいに描いていました。年中組は、ハロウィンカボチャ作り、黒い画用紙にお化けを描いたりしていました。年少組では、画用紙に顔の輪郭と髪の毛を描き、色紙で目・鼻を貼り付けて、自分の顔を描く活動でした。どのクラスも先生の話をよく聞いて楽しそうでした。

 未就園児の受け入れは、参加者が固定化してきているそうで、親子ともに名札をつけ、名前を呼び合いながら秋の果物を作っていました。
 園長先生と主任先生から、「歴史が古く家族も卒園されたりしています。保護者のつながり良く、和気あいあいの幼稚園です。年長児は、入園式の翌日から縁側で年少児の靴を履かせたり、手を引いたりして面倒を見る姿があります。運動会を節目にしてみると、子どもの成長を感じることができます」と伺いました。

 11月には、保護者会で話す機会を頂きました。訪問の時のお話も踏まえて、幼稚園期の子どもたちの成長のこと、早寝早起き朝ご飯の生活習慣の大切さ、子どもたちの五感を磨く遊びや体験の重要さなどの内容でした。この時期の成長は、小学校への学びにもつながり、保護者の努力が報われます。人間の基礎を育てる大切な時期であるので、「子どもたちの良い面」を伸ばしていただきたいとお願いしました。
 

| houmonnagano | 北信地区訪問記録 | 14:30 | - | - | - |

一番上へ