長野県私立幼稚園協会


〜「信州の幼稚園訪問記録」〜
教育に長く携わった、ある専門員の活動記録です。
<< みんなの笑顔が見えます | main | ありがとうございました  さようなら >>
幼稚園でもおうちでも絵本が友だち

 平成24年秋 信濃キリスト教学園入舟幼稚園

 入舟幼稚園は、飯田市全体をそして遙か南アルプスの山々を望む高台にありました。新しい園舎で、高窓を飾るステンドグラスの図柄にもこだわりがあるそうです。前面に、広い園庭と野菜畑が広がっていました。1階には幼稚園3学年の保育室があり、外での活動や遊びにすぐ出られるようになっています。裸足で走り回っているお子さんもいました。2階には、0歳児から2歳児までの保育室があり、安全や安心の配慮がされて先生方と子ども達がゆったりと過ごしていました。
 吹き抜けになっている遊戯室では、集会や各種の行事が行われるそうです。玄関・昇降口や廊下に子どもたちの作品が飾られていました。図書室の本棚にはたくさんの絵本があり、紙芝居も含めて使いやすくセットされていました。
 7月には、保護者会が遊戯室で行われ、「子どもを幸せにする幼稚園期を大切に」の題で「早寝早起きの習慣の大切さや、生活習慣を付けるには、幼稚園時代がよい時期であること」を話す機会を頂きました。

 9月には、数年前から取り組んでいる 「一冊の絵本を幼稚園・家庭で読み深め、そのテーマを題材に子どもたちの活動をつなげ豊かに成長させたい」というねらいの研究保育にもお招き頂き参観しました。今年は、童話「青い鳥」を深めているそうです。年中組の子どもたちが喜ぶ色々な活動を仕組み、題材や材料を研究して、絵本の主題につなげ深めようと設定されていました。その日は、子どもたちは「キラキラダイヤ」製作に興味を持って、がんばっていました。
 研究会では、保育担当者と話し合う時間を頂きましたので、上記の活動のよい面と改善してほしいことをお話し致しました。年中組は、4月からの担任された先生でした。子どもの見取りや活動の推進が、子ども達の気持ちを落ち着かせ成長させている様子が見られました。
 園長先生を初めとして、全園の先生方が協力し、公開研究保育や「劇遊び発表会」にむけてさらに研究を深めていかれるそうです。

| houmonnagano | 南信地区訪問記録 | 16:50 | - | - | - |

一番上へ